Top > アトピー性皮膚炎と食生活

アトピー性皮膚炎と食生活


【サイズが選べる】アトピー・アレルギーのお子様に最適のふわふわお昼寝敷き布団安心・安全の...

 

アトピー性皮膚炎は食物アレルギーと関わりがある場合があります。その場合は食生活に気を付けなければアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう恐れがあります。

アトピー性皮膚炎での食物アレルギーは、卵や牛乳、大豆などが主なアレルギーの原因とされています。極力食べるのを控えることがいいですが、生ではなく加熱処理してから食べることでアレルギーが起こりにくくなる場合があるようです。

アトピー性皮膚炎の人は、油ものや甘いものを多量に食べると、かゆみを引き起こしたり体のホルモンのバランスが悪くなります。ファーストフードやお菓子類はなるべく控えることが大事で、あっさりとした和食を中心に食べるようにしましょう。

また、アトピー性皮膚炎の人は、食品添加物が入った物はなるべく食べないようにしましょう。食品添加物がアトピーの症状を悪化させる原因であるかははっきりしていませんが、敏感に反応してしまう人もいるので気をつける必要があります。

着色料、防腐剤、保存料、漂白剤、調味料などの食品添加物が入っていない生活を送ることは難しいものですが、なるべく少ないものを選ぶことや出来るだけ手作りして食べるようにしましょう。
アトピー性皮膚炎の人はバランスよく食べることと規則正しい生活を送ることが一番大切です。

 

 京都の観光地  中古コンプレッサー  下田東急ホテル  三井海上の求人
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
アトピー性皮膚炎の改善(2009年7月23日)
アトピー性皮膚炎と食生活(2009年7月23日)
アトピー性皮膚炎の人のスキンケア(2009年7月23日)
アトピー性皮膚炎のかゆみ対策(2009年7月23日)